FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/06/19 freerange tokyo feat. Shur-I-Kan @ warehouse702

あ・・・ありのまま 昨夜起こった事を話すぜ!
『おれはShur-I-Kanの出番を待ってずっと踊っていたらその本人は数時間前からずっとプレイしていた』
な・・・何を言っているのかわからねーと思うがおれも何をされたのかわからなかった・・・
頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと恐ろしい自分の勘違いを味わったぜ・・・

というわけで、昨日行ってきたわけでして、Deep Houseのfreerangeのレーベルパーティということで、
どんな感じの音なのかなと思って言ってみると、意外とディープハウスの範疇ではあるものの結構な盛り上がりのあるまさにテックハウス寄りのトラックで盛り上がってました。

いつごろからShur-I-Kanに交代してたのかサッパリわからないというレビューを書くには?でもないハプニング(?)でしたが、
2時後半頃からテックながらもメロディアスなトラックが聴こえて来たのでおそらくその頃交代してたのでしょう・・・
思ったよりもフロア仕様でガツンガツンとやってたのでついうっかり気付かなかった・・・。
(それでもまあガンガン踊ってたので結果オーライですが)
いい感じであがってきた所でラストで自身のOne Night In Tokyoを投入してラストでした。

http://www.myspace.com/shurikan

[続きを読む]

スポンサーサイト

Sultan - Nubreed 008 [GU]

Nubreed_sultan

昨年の8月頃にリリースされた、Global UndergroundのサブシリーズNu Breed第八弾。
このシリーズは過去にSatoshi TomiieやJim Rivers、Sander Kleinenbergなんかも担当していた、本家GUシリーズが所謂「プログレ大御所」がローテーションで担当してたのに対して、
こちらはもうちょっと幅広い人選で担当されるシリーズのようでした。

さて、実際の中身はというと、Sultanはどちらかといえばハウス寄りなボーカルやストリングの音なんかも含めたテンションの高いテックハウスのリリースが多いのですが、
これは流石にプログレのMixCDシリーズ、基本タイトなリズムで時折メロディが挟まれてるテックハウスが両CD共にメイン。
Disc1・2も大体は似たような音色のトラックが続きますが、1はおとなしめのトラックから徐々にテンションをあげていき、
2でそのテンションそのままに多少ハウシーなボーカルが入ったりするようなアッパーハウスへとシフト。

全体的に同じようなリズムのトラックを重ねてじわじわとあげていくスタイルなんですが、
その中で時折入ってくるメロディがメランコリックなギターだったりと夕焼け的な雰囲気を感じさせるMixとなってます。
Sultan自身の曲もどこか終わりの余韻を感じさせるような雰囲気のトラックが多いようで、おそらくこの夕焼けの雰囲気は意図的なものなのでしょう。
特にDisc1の#15: Sultan & Ned Shepard - Crimson Sunなんかは曲名からしてもう完全に夕焼け的ですね。

Sultan & Ned Shepard Feat. Dirty Vegas Crimson Sun (Original Mix) by sultan

Disc1・2ともに派手ーな展開はないですが、それだけにBGMで流しててもすんなり聞けてオススメです。

http://www.myspace.com/djsultan
http://soundcloud.com/djsultan

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。