FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 My Best Tracks

2010 My Best Tracks

去年も年末に一年の総括としてひねりだした「今年のマイベストトラックコーナー」、
その2010年度版でございます。

Gauchito_gil
1. Daria - Gauchito Gil (Lee Van Dowski Edit) [Cadenza Lab]
跳ねるリズムとザラザラしたパッド、そしてボコーダ処理されて微かに聞こえる男性ボーカルのあわせ技一本、
更に大好物の逆再生されたメロディが入ってくるという今年一番聴いた+DJで使ったトラック。
本家カデンツァのサブレーベルのCadenza Labですが、こっちの方がリズムがしっかりとしてて好きです。 リリース数はまだまだ少ないですけどね。

Mi_pieza_esta_llena_de_cosas
2. Ricardo Tobar - Mi Pieza Esta Llena De Cosas (Max Cooper Remix) [Traum]
2009年中にBorder Communityからアルバムをリリースされると言われて既に2010年も終わりそうなチリ人アーティストRicardo Tobarのトラックを、
Traumの主要アーティストMax CooperがRemixしたもの。
エレクトロニカ的な音色が絶え間なく押し迫ってくるトラックで、
激しさと荒涼感がいい具合に混ざり合ってて素晴らしい出来。

The_tracks_are_alive
3. Pezzner - Philip (Parts 1 & 2) [Freerange Records]
freerangeからリリースされたPezznerのアルバム。
アルバム全体的にはねっとりとしたDeep House多目の内容でしたが、その中でいくつか異彩を放ってたアトモスフェリックな空間系トラックがありました。
これは、そのうちのひとつ。
7分あるトラックのうち、序盤は通常のDeep House然とした感じが続くものの3:20頃から一切のドラム・キックが終了して残り4分ほど
木琴とパッドが鳴り響くアンビエント・アウトロ的な使い方の出来そうなトラック。
初めからキックの入ってこないイントロ的な曲は数あれど、アウトロ用途に使えるものは結構珍しいです。 サワヤカな〆にオススメ。

The_jazzer
4. Adryan - The Jazzer [Dieb Audio]
その名の通り、Jazz要素の入ったDeep House。
ブレイク部分で入ってくるウッドベースが素敵で、かつ上モノのパッドもいい感じにムーディで使いやすいのでUST+現場共によく使ってます。
適度にテックハウスよりな部分も多分自分好みなんでしょうね。

Saved
5. Lusine - Two Dots (Nic Fanciulli Remix) [Saved Records]
Savedの主催者、Nic Fanciulli本人のRemix。
原曲は女性ボーカルを細かく重ねてコラージュしたエレクトロニカですが、
このRemixもその雰囲気を壊さない程度にテックハウスに作り直されてます。
以前リリースされた直後にも紹介してましたが、やはり使いやすいのでそのままランクインです。

去年紹介したベスト5よりも全体的に大人しい(綺麗目なの)がやっぱり多かったです。
クリックやエレクトロニカ的要素のあるトラックが以前よりも好きになって、どんどん音の趣味がゆっくりとしたトラック寄りになってるのも近いんでしょうね。
こうやって毎年リストアップしていくと、好みの変遷が見れて面白そうなので続けたいですね。

ということでまた来年もよろしくお願いいたしますね。

スポンサーサイト

2010/12/04 Womb Adventure @ Makuhari Messe

Img_0976

海沿いの施設に冬行くのはやっぱり厳しいということを実感しながらも、行ってきました。初WA。
去年のWarp 20ぶりの幕張です。 たしか21:30頃IN。

21:00-23:30 Robert Dietz
ディーツ、と読めばいいのでしょうか。
CazenzaやCecilleからリリースしているRobert Dietz、
高音のハッキリとカチっとしたテクノを序盤からガンガン回してました。
音の性質もあるのか、この時が一番音が良かった気がする。

23:30-1:30 Carl Craig
以前にTaicoclub Kawasakiで聞いたカールクレイグのプレイ。
前半はブレイク明けに低音が入ってこないでズコーッとなるようなシーンがあったりしたものの、
後半Bellsをかけてちょっとしてからがとても良かった。
At LesやMirko LokoのLove HarmonicのRemixなんかも使ってましたね。
そして遠巻きに見てもプレイ中全く体を揺らさない、微動だにしないカール本人の不動っぷりは健在でした。

01:30-02:30 Gaiser
ジュース飲んだりウロチョロしたり出合った知り合いの方々と会話をしたり。
なのでその場では気付かなかったんですが、機材トラブルで音止まったりしてたみたいですね。
「あらー、やっぱりPCは怖いなー」とか他人事のように思ってたのもつかの間、
ここからが本当の地獄だ・・・↓

02:30-04:00 Plastikman
Womb Adventure、別名リッチーフェスティバルのヘッドライナー、
お馴染みリッチーホウティンのPlastikman名義のLiveです。
至極ディープな感触の音が多いので、踊れる内容ではないのかなーと後方から眺めてました。
iPhoneのアプリ「Synk」とも同期して、BPMや曲名等を表示するようなサービス(?)もあったみたいですね。
この辺はやっぱり屋内だからこそって感じですね。 野外じゃこんなのは出来ないし。

Img_0970

で、開始30分ぐらい? で「ビニョン!」と音が鳴ったのを最後に静止・・・また止まった・・・だと・・・
「いやぁ、中々長いブレイクだなぁ」とかジョークを言いつつハラハラ見てましたが、PCを再起動したらしく再開。
最後はご本人が登場してSpastikをご披露。
あれだけの人数を前に機材トラブルが起きたときのドキドキ感はどのようなものなんでしょうね・・・。

04:00- Paco Osuna
ダンス分の消化不良を解消すべくミニマルなプレイのPacoさん。
でも流石にミニマル続きだと疲れますね、フラフラしつつ踊ったりフラフラしたりしてぼちぼち帰宅の路へ。

それにしても客が多い+幕張だけど思ったよりフロアが小さいのもあるかもしれないけどガンガンぶつかってくる奴の多いこと多いこと。
休憩エリアだろうとフロアだろうと、そこかしこがタバコの煙ばっかりだし。
今まで幕張のイベント何度か行った中で一番客層は悪かったです。
もういっこのドラムンとかエレクトロのフロアに来る様なタイプの客層がコレだったんですかね。

死体だらけで休憩場所が埋まって結局少なく感じるのはやっぱりwombのイベントだからなのかw

[続きを読む]

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。