スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Satoshi Tomiie - The Renaissance Masters Part 11 [Renaissance]

Renaissance_masters11

全体に渡ってモダンなDeep House Mix作品、
SAW Recordingsのオーナー、富家師匠の2008年のRenaissance Mastersシリーズです。
先日も来日(?)していましたね。

[続きを読む]

スポンサーサイト

2012/05/18 Kompakt Japan 02 @ Unit

Img_1704

あれは確か二年前、今と同じ時期に来日したものの木曜日で行けずにくやしい思いをしたものですが、
今度は金曜夜のイベントという事で仕事終わらせて遊びにいきました、Kompaktのレーベルイベント、そしてGui Borattoの来日です。
彼の国内でのLiveはこれで4度目、僕個人としては初来日のColors Studio以来です。

続きへどうぞ↓

[続きを読む]

Battles - Gloss Drop [Warp Records]

Gloss_drop

去年のフジロックにも出演したバトルズの、いわゆる「タイヨンダイ脱退前」と「脱退後」の、
後者にカテゴリされるアルバム二枚目です。

ボーカルが抜けた事からゲストボーカルを呼んでのトラックがいくつかありますが、
やっぱりメインは骨太なドラムとディストーションかかったギターとキーボードの絡みでしょう。
むしろ三人でやれる事が限られたからあえてシンプルにビートミュージックとしてるとこや、
限られた中で代わるがわる演奏する楽器を変えてくスタイルは僕は結構好きです。
特に機械のように正確にドゴンドゴン叩かれるドラミングが一番のキモなんじゃあないのかなと。

スローテンポから一転しての高速軽快なWall Street,
ハット乱れ打ちから始まるこれまた派手なドラミングのMy Machine,
何処となく東欧のお祭りのようなDominican Fade,
女性ボーカルのポップなSweetie & Shagなどなど。
雰囲気は近いながらも粒ぞろいな感じのリズミカルなトラックが並んでます。

ただ、日本版ののボーナストラックは余計だったかな。
ただでさえ長尺なラストトラックのSundomeのあとにSundome (Instrumental)を入れるなんて、
折角のアルバムの終わりがダラダラとしてしまってよくないですねアレは。

あ、ジャケットですが、非常に気持ち悪いですね!w
でもちょうど先月リリースされたRemixアルバムの"Dross Glop"のジャケットはもっと強烈です。 気持ち悪い!!

2011/07/29-31 Fuji Rock Festival 2011: Untones

  

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。