スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lone - Emerald Fantasy Tracks [Magic Wire Recordings]

Emerald_fantasy_tracks



"Flying Lotus meets Boards of Canada"...などと称されるらしいLoneの2010年のアルバム。
ジャケットからもBoCのフォロワーなのが伺える、
おぼろげでローファイな感じの雰囲気がビシビシ感じられます。





音もまさしくBoCにダブステップに乗せてさらにデトロイトチックにしたような
なんとも非常に想像しやすいトラックが全8曲。
これでもかといわんばかりにBoCのCapmfire Headphaseの空気感を更にポップに味付けしてあります。
ノイズから始まり完全に4/4ビートのデトロイト#05 Re_chooling,
パカパカと叩かれるパーカッションとオリエンタルなアルペジオが素敵な#06 Risottowe_4,
雰囲気は完全に統一されてるので聴いてて疲れないです。 きもちいいわこれは。
全編で40分とちょいと短いですが。





LoneはFriendly FiresのLive Those Days Tonightや、RadioheadのFeralなども
Remixしててそちらもかなりいい感じなので是非チェックしてみてください。
このアルバム自体も非常にオススメなのですが、
2010年のものなのに残念ながらCDを新品で手に入れるのは困難な様子・・・
データでもよければAmazon, beatportともにmp3でリリースされてるのでそちらでもどうぞ。





Emerald Fantasy Tracks
Emerald Fantasy Tracks
posted with amastep
Magic Wire Recordings(2010-11-29)
Amazon.co.jpで詳細情報を見る




あと、今年は老舗のR&S Recordsからもアルバムを出す予定みたいです、Lone.
視聴した感じ、更にダンス寄りになってる様子。 個人的にはこのEmerald〜
ぐらいのちょうどいいバランスが好みかも。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事のトラックバックURL

http://untones.blog.fc2.com/tb.php/422-b3546f43

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。