スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/04/21 SonarSound Tokyo Day1 @ ageHa

Img_1379

昨年、震災の影響で開催が危ぶまれながらも無事開催していたソナーサウンドが2012年の今年にも開催し、
二日間開催のうちGlobal CommunicationとSquarepusherが登場するDay1の方に行ってまいりました。
4月末にもさしかかってるのに、あいにくの天気で肌寒い感じでしたがそこはまあ、いつものageHaの感じです。

ということで、各レポートは続きへどうぞ。



ゆったりしてたらGlobal Communicationが始まるギリギリになってIN。

Global Communication
ステージはSonarDome、いわゆるageHaのTENT(今はBOXって言うんでしたっけね)でやってたようなのですが・・・
え? なにこれ? 入れない・・・?
なんとまあ、GCの知名度とステージのキャパシティが絶望的に合ってなかったのか、平日朝の東西線以上の混みっぷりでステージに入ることすら出来ませんでした。
そんなバカな・・・、一応テントなので外に漏れ聞こえるサウンドからは名曲「14 31」も聴けたのでまだ良かったのですけど、
これはとてもじゃないけど狭い場所に詰め込まれて聴くジャンルの音楽じゃないでしょう。
どこか野外フェスのアフターとして聴きたかった・・・これは完全にステージ間違ってる感ありましたね。

Ken Ishii presents Metropolitan Harmonic Formulas
テントの満員電車にはさっさと見切りをつけてアリーナへ。
こちらはアリーナとしてはほどほどの込み具合。
そこでアリーナの二階席が座れるようになってることに気付く。
踊るイベントじゃなくて観るイベントの感が強いので、この2階席オープンはかなりGJなんじゃないかなと。
(普段からオープンにしててくれても全然うれしいですけどね)
このライブ、ケンイシイがなにやら真ん中で色々と機材をいじってるまわりで
サックスやピアノを演奏するバンド形式のライブだったようですね。
踊るタイプの音じゃなかったけど、やんわりと眺めて体を揺らしてる分には結構よかった感じです。
最後の最後にケンイシイがご挨拶して終了。 生声初めて聞いた・・・w

Clark
そのまま二階席で休憩しつつアリーナを眺めつつ。
Clarkについては殆ど曲を知らないのですが、新アルバムのCom Touchを序盤にプレイしてました。
あとはBattlesのMy MachinesのRemixらしきものもやってましたね。
序盤2,3曲目で裏で丸被りしていたCuloe de Songも気になっていたので一時離脱。
そして、そのまま戻ってこれなかったという・・・

Culoe de Song
ステージはSonarDome、GCが満員にしていたテントのステージもだいぶ余裕が出来ていい感じになってました。
InnervisionsやMule MusiqからリリースしてるArtistだけあって結構楽しみにしてたのですが
期待を裏切らないオーガニックテクノで土着的ディープハウスでアフリカンなエッセンスのいい〜〜感じのDJ Mixでした。
やっぱりなんだかんだでこういうイベントだと四つ打ち回帰してしまいますね、
惜しむらくはステージの特性か、音量がちょっと小さめで・・・もうちょっと大きければなおよかったんですけどねぇ。
とりあえず、この日のベストアクトは彼だったかなと。

Img_1386

Culoe de Song: beatport

Squarepusher
さて、2009年のTaicoclub以来3年ぶりの来日となったSquarepusherのライブ、
こちらも楽しみにしてるひとつだったのですが、先日発表された前情報からは若干の不安が。
「LED映像を駆使した衝撃の」「まったく新しいオーディオ・ヴィジュアル・セットとなる」
・・・うーん、まさかとは思うがまたベースを演奏しなくなったんじゃ・・・?とおそるおそる始まるのを待っていたのですが。
悪い予感は当たりました。 ベース演奏なし、昔の曲なし、
スクエアプッシャーの名前でやる必要のないありきたりな音造りの新作アルバム視聴会のようなライブになってました。
UltravisitorからJust Souvenir, あと前作のShobalender Oneあたりは結構好きな音が続いてただけにショックですね。
ベースの演奏有無を抜かしてももう他のArtistの手垢のついたようなトラックが多くて退屈でした。
イチオシのLED映像と同期させたライブも似たようなモノは既にある割りにそれほど映像的にすごいわけでもなく、
LED被り物も他にもやってる人居るわけですしね・・・トムがやる必要あるのかどうか・・・
過去にもベースやめたころのアルバム、Do You Know Squarepusher?あたりの曲ぐらいならやってくれるかと思ったんですが、それもなかったですね。

やっぱり、Come on My SelectorとかJourney to Reedhamとか聴きたかったですよ。
まあトムのことだからまたベース演奏でのLiveを始めたりするんでしょうけど・・・それまではもう来日してくれたとしても、Live観なくてもいいかな。

なんだかボロカスに言ってますが、ぼくはSquarepusher大好きなんですよ。
だからこそ、迷信的にムリヤリ褒め称えるよりも、よくないときはよくないといわないとね。
(言ったからどうなるってこともないんですが)

Squarepusher - Shobaleader One: D'demonstrator [Warp Records]: Untones





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事のトラックバックURL

http://untones.blog.fc2.com/tb.php/441-4317ace0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。